読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"バイト応援隊 "がっくんの日記

学生の頃アルバイトをしていた経験を今バイトしようと思っている人に伝えるブログ

就職活動にかかるお金はいくら?バイトして計画的に貯めておこう

どーも、がっくんです。

以前書いたのなかで就職活動のことをすこし書いたので、 今回は就職活動にかかるお金について記事を書きます。

いきなりですが、就職活動のお金っていくらぐらいかかると思います? 学校が始まったばかりの人はわからないかもしれないけれど、 就活にはとってもお金がかかるんです! 就職活動にかかる費用はいくらぐらいなのかまとめてみました。

就職活動にかかるお金はどれくらいなの?

就職活動で気になるお金。どれぐらいかかるものか知っておきたいですよね。相場でいうと東京では10万円〜15万円。地方だと20万〜30万だといわれています。※これあくまで相場です。就職活動が長引けば長引くほど費用がかかってきます。

就職活動のお金、何にどれぐらい使うのか?

就職活動のお金、ざっくりいうと

  • 服装
  • 宿泊費
  • 交通費、宿泊費
  • 書籍、文房具

などにお金がかかってきます。それぞれの項目ごとに見ていきましょう。

服装(スーツ、シューズ、バッグなど)

就活で大切なことは第一印象。そのためスーツ、靴、鞄など身だしなみにもお金がかかります。 スーツの値段はすごく高いものからリーズナブルで安いものまでさまざまですが、 一般的な値段のものを買うのがいいでしょう。 たとえば、AOKIだと就職活動向けの就活8点セットがあって、 シャツ、ネクタイ、ベルト、シューズもしくはバッグなどの必要なものが まるまる揃っている商品があるんだよね。これで2万9000円! 複数の会社にエントリーしている人は、 スーツやワイシャツが洗濯していて足りない。という状況にならないよう スーツを2着以上用意しておいたり、ワイシャツを複数枚買っておくと安心です。

美容院代

第一印相を決めるのはスーツだけではありません。髪型も面接において大事なポイントです。 ボサボサ頭で面接にいくのは問題外。定期的に美容院にいくようにして清潔感を保っておきましょう。

交通費、宿泊費

地方から東京に面接に行く場合、移動の交通費、止まる場合は宿泊費がかかてtきます。 高速バス、新幹線、飛行機などがあります。高速バスは安いですが時間がかかり 疲労もたまりやすい。新幹線、飛行機は早く移動できるかわりに値段が高い。 「高速バスであまり眠れなかったので面接に集中できなかった」大切な面接なのに移動で疲れていては本末転倒です。 自分がもっているお金と相談しながら、どの交通手段を使うのがベストなのか判断しましょう。

書籍、文房具

就職活動は誰もが初めての経験なので、不安に思ったりするものです。それは今までやったことがない未知の出来事だからです。だから就職活動を疑似体験して、就職活動の流れや必要なことを知っておくことで不安は少しは解消するでしょう。

就活本のバイブルの面接の達人面接で答えるべき2つのことを詳しく書かれた本です。多くの学生に支持されている本。就活がはじまるまえに読んでおくこと。何事も準備が大切。

就職のお金は貯金しておいたほうがいい?

就活をしながらバイトをするのがいいのか、 就活がはじまるまえにお金を貯金しておくのがいいのか どっちがいいのでしょう? 個人的に思うことは就活をしながらバイトを継続するのはおすすめできません。

せっかくいい企業と巡り会えても、バイトのシフトがかぶってしまって、面接日の調整がうまくいかないチャンスを逃してしまうかもしれません。 それに就職活動ははじめてのことばかりなので、 想像以上に時間がかかります。

企業との面接日の調整をしたり、履歴書の作成しながら、バイトのシフト調整をするとなると、きっと余裕がなくなるでしょう。 余裕がない状態では本来の力も出せないはず。余裕のある就職活動をするためにも、 就活にかかるお金を事前にバイトで稼いで貯めておくのがいいでしょう。

服好きな人におすすめバイト記事もあわせて読んでみよう。

baitooentai.hatenablog.com

まとめ

就職にかかるお金は

  • 服装
  • 宿泊費
  • 交通費、宿泊費
  • 書籍、文房具

です。

はじめての就職活動。必要なものを揃えたり、就活に向けての対策や準備をしたり、何かとお金がかかってきます。個人差がありますが10万円〜15万円ほどは必要になってきます。なので、事前の準備が大切。あとでこうしておけば良かった。とならないよう しっかりした計画を立てて、できるだけベストな状況の望むのがいいぞ! いい企業と巡りあうことをお祈りします。

ランキングに参加してます!クリックしてくれるとがっくん喜びます!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


30代サラリーマン ブログランキングへ